*

この時期、体調を崩しやすい方へ

   

いんちょーこと齋野です。
皆さん経験があるかと思いますが季節の変わり目って体調に変化を感じることってないですか?そこで今日は今の時期を元気に過ごすためのポイントをご紹介していきます。
t02200212_0533051313006775608
昨日から「春の土用」に入りました。「土用・どよう」と聞くと、夏の「土用の丑の日」でウナギを思い出す方も多いかと思います。実は元々季節の変わり目のことを「土用」というので、夏だけじゃなく年4回あるんですね。立春、立夏、立秋、立冬それぞれの前に18日間づつあります。ですから今年の「春の土用」は5月5日立夏の前の、4月17日〜5月4日です。




それぞれの季節が移り変わってゆく時に、いったん、調整?のような時期に入ります。いきなりある日を境に、「昨日までが春!今日から夏ですっ!」と急に気温が変化し、季節が入れ替わることはありませんよね。寒くなったり暑くなったり、嵐のように風が吹いたり雨が降ったり、行ったり来たりしながら徐々に季節は変わってゆく。そんな時期が「土用」と呼ばれる時期です。



「土用」の時期の体への特徴としては、胃腸のトラブルが出やすいと考えます。甘いものや、油ものを取りすぎたり、気温が高くなった日に冷たい飲み物を取りすぎてしまうのには注意が必要です。中には春の体の反応で急に食欲が旺盛になってしまう方がおられますが、腹八分目も心がけてみるとよいとおもいます。



また「土用」の時期はその季節の影響を特に色濃く受ける時期でもあります。先ほどの胃腸へ負担をかけないという点と、春の養生としての睡眠不足に気をつけるという点からも遅い時間のしっかりとした食事は避けた方がいいと思います。寝る直前の食事は睡眠中に内臓が休まらず、睡眠の質が低下しちゃいますのでね。

 

体の反応という点では腰回り・股関節のケガにも引き続き注意が必要です。呼吸のエクササイズをして、腹腔・骨盤腔を整えるようにすると快適に過ごしやすくなります。当院でお伝えしているストロー呼吸などがかなり有効ですよ。



夏を元気に過ごす秘訣はこの時期をいかに自然の摂理に沿った過ごし方をして、健康的に過ごすかです。どうぞ楽しいゴールデンウィークをお迎えください。参考になれば幸いです。



そうそう、この週末はいよいよヨガフェスの講師です。緊張してきました(笑)



では、またここで。
兵庫県尼崎市武庫之荘さいの整骨院HP

The following two tabs change content below.
sainoworks

sainoworks

いんちょーSAINOWORKS
5才の頃から何かの「職人さん」になろうと思っていた私は、高校生の時のギックリ腰治療で受けた施術に感動し、治療家になりました。 自分がやらかしてきた数々のケガをクリアしていく過程で学んだこと。それは「痛みの出ている場所にだけ注目するのではなく、身体全体のバランスを整えることの大切さや、身体が持つ自然の摂理にのっとった動き方」などです。 試行錯誤しながら修業時代も含め17万人以上の方を診てきて、今ではハッキリ言う事ができます。「痛みはチャンス」です。今までやってきたことを見直す最良の機会です。私は「痛みの出る前より動ける体作り」をお手伝いしています。ブログを通じて誰かのお役に立てたら嬉しいです。

 - コンディショニング, 気候・自然, 身体のこと

お役に立てたらシェアしていただけると嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加 2follow us in feedlyLINEで送る
SNSのフォローはこちら!

  関連記事