*

基本が大切だと思う理由

   

今日は患者さん達が出演されたバレエスタジオの発表会をうちの奥さんと娘の3人で観に行ってきました。


兵庫県尼崎市武庫之荘・さいの整骨院いんちょーこと齋野です。
DSC_0688今回お邪魔したのは、「スミノバレエ第17回発表会」。当院ご近所のスタジオさんが毎年開催されてる舞台でした。



こちらのスタジオからは先生をはじめ沢山の生徒さんや、つながりのあるダンサーさんが施術やエクササイズ指導を受けに来ていただいています。


うちで施術を受けて頂いた後に、ストロー呼吸などもしていただいてるので、レッスン前には例のピンクのストローを口にくわえてアップする方も数名いたりするそうで、嬉しい限りです。
DSC_0689
2009年から行きはじめ、発表会鑑賞は毎年の楽しみのひとつです。先生ご自身が毎回工夫を凝らして構成、演出、振付をされています。



中でも毎回のセットや衣装も楽しみの1つ。特に衣装などの色遣いが我々夫婦は好きで、今回もそうでしたが、上品でかわいらしく、とても華やかでした。



ちなみにパンフレット表紙のイラストも先生ご自身で描かれたものです。
DSC_0690また、当院へ何かの書類をくださる時には封筒にきちんと入れてくださいますが、その封筒にも当院用のイラストなんかをサラッと描いてくれたりなんかして!なんて多才なんだろー角野先生イラスト2角野先生イラスト気にいってるので勝手に印刷して使わせていただいてます。あざまーす(笑)!!



今回の舞台を観に行くのに僕自身ちょとした緊張感がありました。出演される何名かの方が捻挫などで体を痛めておられたからです。当日に皆さん間に合いはしたと思いますが、やはり変な緊張感はありました。



しかし皆さん役を務めあげ、素敵に踊っておられたので終わった今は一安心です。



バレエを観ていていつも思うことですが、バレエの基本動作って本当にすごく大切だなと。当たり前ですが。


最初のうちは、バレエの動きをしよう。振りを間違えないようにしよう。ということに意識がいってるようにみえます。


それがバレエの動きが自然なまでに身についてから、初めて自分の中にあるものを表現できる段階になるのかなーと。


だからバレエとしての当たり前の動きをいかに、正確に美しく身につけるか?が本当に重要だなと感じていて、やはり「正しく真っすぐ立つ」というところから始まるのかなと思っています。


そんな考えもあって以前誘っていただいたバーレッスンクラスにも交ぜていただいたり、個別でバーレッスン指導を受けてみたりしています。


自分なりにバレエの独特の動きを感じてみたいというのが受けた理由ですが、単純におもしろいです。こういう一見地味な稽古はほんとに奥が深い。ただただ自分と向き合うしかないです。


ダンサーさんのストイックさに刺激を受けながら日々自分を高めていこうと改めて思うのでした。


スミノ先生、夏山先生、ゲストダンサーの方々、参加されたダンサーの皆さま、裏方の皆さま、お疲れさまでした。


では、またここで。

The following two tabs change content below.
sainoworks

sainoworks

いんちょーSAINOWORKS
5才の頃から何かの「職人さん」になろうと思っていた私は、高校生の時のギックリ腰治療で受けた施術に感動し、治療家になりました。 自分がやらかしてきた数々のケガをクリアしていく過程で学んだこと。それは「痛みの出ている場所にだけ注目するのではなく、身体全体のバランスを整えることの大切さや、身体が持つ自然の摂理にのっとった動き方」などです。 試行錯誤しながら修業時代も含め17万人以上の方を診てきて、今ではハッキリ言う事ができます。「痛みはチャンス」です。今までやってきたことを見直す最良の機会です。私は「痛みの出る前より動ける体作り」をお手伝いしています。ブログを通じて誰かのお役に立てたら嬉しいです。

 - いんちょーの休日

お役に立てたらシェアしていただけると嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加 2follow us in feedlyLINEで送る
SNSのフォローはこちら!

  関連記事