*

圧倒的な存在になる!サポート日記

   

こんばんは。兵庫県尼崎市武庫之荘にある、さいの整骨院アスリートサポーター齋野敦弘です。


今日は第69回全国高等学校陸上競技対校選手権大会近畿地区予選会サポートの二日目でした。100名を超える選手の方々に利用していただきました。

昨日とはうって変わっていい天気

昨日とはうって変わっていい天気




今大会の結果速報がみれるのがこちらのホームページです。そのトップページの左にある【近畿地区予選会】のバナーをクリック!

テントの後ろに見えるのがメイン競技場

テントの後ろに見えるのがメイン競技場




「スタートリスト結果」の項目から各競技の結果がみれます。結構楽しいので一度みてみてください。



また「お知らせ」項目にある「バランスアシスタントブース設置について」とありますが、これは私たちが行っていることの告知ページです。分かりやすくご紹介いただいてるのを発見しましたのでこれもシェアせさていただきます。

今回のアシスタントブース様子。師匠の後ろ姿も見えますね。

今回のアシスタントブース様子。師匠の後ろ姿も見えますね。





僕が度々でかける今回のようなお仕事は、兵庫県高等学校体育連盟陸上部様から正式に依頼されて行っているものです。


その仕事の窓口は、僕が所属する治療の勉強会「キネティックフォーラム」内にあるNPOがおこなっています。



こういう特定の療法が公の団体から正式に依頼されて行われているケースはとてもめずらしいんじゃないかな?



兵庫県は陸上が盛んで、選手の層も厚くレベルも高い。それだけに携わっておられる指導者の先生方も熱心な方が多いように感じます。



そういう先生方に求めていただいて、未来ある選手たちに直接かかわらせていただける本当に光栄なことだと思っています。



求めていただいてるものより、何倍にもして返せる圧倒的な存在になって、もっともっとスポーツする人たちを盛り上げていきますね。


よし、また明日も気合入れていくぞ!
ではまたここで。
伝説

The following two tabs change content below.
sainoworks

sainoworks

いんちょーSAINOWORKS
5才の頃から何かの「職人さん」になろうと思っていた私は、高校生の時のギックリ腰治療で受けた施術に感動し、治療家になりました。 自分がやらかしてきた数々のケガをクリアしていく過程で学んだこと。それは「痛みの出ている場所にだけ注目するのではなく、身体全体のバランスを整えることの大切さや、身体が持つ自然の摂理にのっとった動き方」などです。 試行錯誤しながら修業時代も含め17万人以上の方を診てきて、今ではハッキリ言う事ができます。「痛みはチャンス」です。今までやってきたことを見直す最良の機会です。私は「痛みの出る前より動ける体作り」をお手伝いしています。ブログを通じて誰かのお役に立てたら嬉しいです。

 - コンディショニング, スポーツ障害, トレーナー・サポート活動, 試合・本番前のケガ

お役に立てたらシェアしていただけると嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加 2follow us in feedlyLINEで送る
SNSのフォローはこちら!

  関連記事