*

アスリートのための姿勢教室

      2014/07/11

二十四節気:立夏
七十二候   :蚯蚓出(みみずいずる)
5月10日~14日ごろ

先日5月11日(日)にさいの整骨院で姿勢教室を行いました。今回は参加者全員がスポーツする方でしたので、アスリートのための姿勢教室でしたね。友達も親子で参加してくれました。

ポーズはボルト。 「伝説をつくろう」

ポーズはボルト。
「伝説をつくろう」


彼のニックネームはジョグ。マラソンランナーです。息子ちゃんは小3ですが正道会館の空手家。今年は全国を狙うかわいい顔した猛者なのです。感想をブログに乗せてくれましたのでリンクしておきますね。リフォーム店向けの販促・集客の情報満載ですので勉強になるブログですよ。

姿勢教室の真の目的とは?
実は本来の目的は「見た目が綺麗な姿勢をつくること」ではありません。姿勢教室の名乗ってるのにね(∀`*ゞ)テヘッでも姿勢はちゃんと綺麗になりますよ。

楽に、ちゃんと二本の脚で立ち、楽に座る体の使い方を覚えていただく。これは大切なことで、特にアスリートにとっては非常に重要です。

その人自身にあった姿勢の作り方、言い換えれば体の使い方をお伝えする時間。何種類かのエクササイズをしていただくにつれ体の変化を体感できます。その変化を姿勢を目安に感じていただいてる様な進め方です。

よく雑誌やメディアから流れてくる型にはめた様な姿勢の作り方はしません。腕を外にひねって、肩甲骨を引きましょうとか、胸を張りましょうなどなど。それらで逆に身体をおかしくしてしまってる方は大勢おられます。

人は元からそれぞれ姿形が違います。だから見た目の姿勢をまっすぐするのにもそれぞれポイントが違うんですね。外側の形だけを意識した変化は矛盾を含んでいることが多いものです。

教室でやってること
元々身体が持っていて、上手く使いこなせていない機能を使う。内側から体を使うことで結果的に姿勢が良くなるということを教室で行っています。

具体的には体幹を使えるようにする。だからといって腹筋・背筋などの筋トレは一切しませんよ。呼吸を利用してお腹の力・「腹圧」の高め方を覚えてもらいます。体幹が本当に安定しだすと肩を意識的に下げなくても下がりますし、いい位置にいってくれるのです。

アスリートに必要な訳
「楽にまっすぐ立つ」と何がいいのでしょう?「楽に」ということは無駄な力を使っていないということです。決してさぼっている状態ではありません。だから、だらしない立ち方ではないということをまず理解してください。

話を戻します。体幹を上手く使えず結果的に姿勢の悪くなった方は、表面の筋肉の力で姿勢をまっすぐにしようとします。それは本来、体を動かすために使いたい筋肉に、体を支えるという仕事をプラスしているようなものです。支えながら動かす。逆立ちや、手押し車で歩く時の腕のような状態です。

meiji.savasより これも体幹使えれば楽にいけますけどね

meiji.savasより
これも体幹使えれば楽にいけますけどね

 

これでは動きに滑らかさや、キレは望めないものです。だからこそ最小限の力で楽に立つことがパフォーマンスの向上につながるのです。このことはこれからも書いていきたいと思います。

次回姿勢教室は六月に開催しますが、日はまたHPかブログ上でお伝えします。あまりにも告知が少ないとご指摘をいただきましたのでちゃんとします( ゚Д゚)ゞ リョーカイ!!

今回ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

では、またここで。
伝説

 

 

The following two tabs change content below.
sainoworks

sainoworks

いんちょーSAINOWORKS
5才の頃から何かの「職人さん」になろうと思っていた私は、高校生の時のギックリ腰治療で受けた施術に感動し、治療家になりました。 自分がやらかしてきた数々のケガをクリアしていく過程で学んだこと。それは「痛みの出ている場所にだけ注目するのではなく、身体全体のバランスを整えることの大切さや、身体が持つ自然の摂理にのっとった動き方」などです。 試行錯誤しながら修業時代も含め17万人以上の方を診てきて、今ではハッキリ言う事ができます。「痛みはチャンス」です。今までやってきたことを見直す最良の機会です。私は「痛みの出る前より動ける体作り」をお手伝いしています。ブログを通じて誰かのお役に立てたら嬉しいです。

 - さいの姿勢教室, スポーツ上達のコツ, 体の姿勢, 身体の使い方

お役に立てたらシェアしていただけると嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加
Warning: file_get_contents(http://cloud.feedly.com/v3/feeds/feed%2Fhttp%3A%2F%2Fsainoworks.net%2Ffeed) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 429 Too Many Requests in /home/sainoworks/sainoworks.net/public_html/wp-content/themes/stinger5_child/sns.php on line 8
follow us in feedlyLINEで送る
SNSのフォローはこちら!

  関連記事