*

怪我を早く治すコツ~睡眠について

      2014/07/11

こんにちは。
兵庫県尼崎市・武庫之荘にある
さいの整骨院・いんちょうこと
齋野です。

二十四節気・「雨水」
七十二候・「草木萌え動く」
春の気配を感じる季節となってきました。

さいの整骨院には出血をしてない怪我をされて
来院される方が多数いらっしゃいます。
そういうところやし、当たり前か・・・

「この怪我早く治すにはどうしたらイイ?」
怪我をされた方からよく聞かれますので
少しポイントを何回かに分けて書きたいと思います。

今日のポイントはこれ。
「質の良い睡眠を心がける」

野生動物は怪我をした時、ひたすらジッと治るのを待ちます。
体が体を治すことに集中させるんですねー。
ウロウロしても消耗するだけだし、身の危険もありますしね。

そこで寝んなって

そこで寝んなって

てなことで人間もシッカリ質の良い睡眠をとって休息する!

眠りについてから、だいたい3時間くらいたった頃が
一番質の良い睡眠といわれています。
この時間帯は、細胞を修正・再生したり、
新陳代謝を高めたりする「成長ホルモン」が多く分泌されます。

この成長ホルモンがシッカリと分泌されれば、
身体の代謝機能が正常に働くため怪我の修復がスムーズにいくということです。

ベットで寝ましょう

ベットで寝ましょう

そして寝るタイミングにもポイントがあります。
夜10時~深夜2時までの四時間に睡眠時間を合わせること。
この時間帯が成長ホルモンが分泌されやすいと言われているんですね。
これは東洋・西洋の両医学的にも共通して言われてます。

仮に短い時間しか睡眠時間がとれないとしても、
この時間帯に合わせるようにしましょう。

理想は寝て3時間後の成長ホルモンが一番分泌されるピークの時間を、
この時間帯に持ってくると考えると
夜11時までには床に就いたほうがよさそうです。

あなたもベットで寝ましょう

あなたもベットで寝ましょう

アスリートはまともな練習が出来くなり、
でも体力はもてあますあまり、ついつい夜が遅くなりがちです。

また休みの日にはついつい「寝だめ」をする方もいらっしゃると思います。
しかし睡眠は後から不足分を補うことは出来ても、
「ためる」・「貯金する」ことはできません。

平日と休日で睡眠時間に大きな差があったりすると、
成長ホルモンの分泌リズムが崩れてしまいます。

怪我をしてる時には規則正しく生活リズムを保つことも
回復の助けになりますので気をつけましょう。

怪我のせいで色々と行動面での肉体的なストレスもかかりますが
それが精神的なストレスを生み出すことも出てきます。

その精神的ストレスが回復を遅くすることもあるので
楽しめる工夫も大切ですね。

この怪我の時期に色々生活面や行動面などの
自分自身を見直す貴重な時間に出来るとイイですね。

この怪我から復活して更に飛躍できる
切っ掛けになるような過ごし方をしてください。

では、またここで。
伝説

 

 

The following two tabs change content below.
sainoworks

sainoworks

いんちょーSAINOWORKS
5才の頃から何かの「職人さん」になろうと思っていた私は、高校生の時のギックリ腰治療で受けた施術に感動し、治療家になりました。 自分がやらかしてきた数々のケガをクリアしていく過程で学んだこと。それは「痛みの出ている場所にだけ注目するのではなく、身体全体のバランスを整えることの大切さや、身体が持つ自然の摂理にのっとった動き方」などです。 試行錯誤しながら修業時代も含め17万人以上の方を診てきて、今ではハッキリ言う事ができます。「痛みはチャンス」です。今までやってきたことを見直す最良の機会です。私は「痛みの出る前より動ける体作り」をお手伝いしています。ブログを通じて誰かのお役に立てたら嬉しいです。

 - 身体のこと

お役に立てたらシェアしていただけると嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加 2follow us in feedlyLINEで送る
SNSのフォローはこちら!

  関連記事