*

私のイタイ履歴書・其の伍

      2014/07/11

二十四節気:清明
七十二候 :鴻雁北へかえる(がんきたへかえる)

月に雁

月に雁

渡り鳥の雁は秋ごろから日本にいます。
日が暖かくなってくると夏場はシベリア辺りで過ごすそうです。
その雁が北へ移動し始めるのが今頃。

暖かくなってはきましたが、一日の温度差も10度前後。
来週明けには気温もまた下がる予報です。
重ね着などをしてこまめに温度調節しましょう。

特に外でトレーニングしてるアスリートの方へ。
この時期は「風」がよく吹きます。
風に長く吹かれていると知らぬ間に身体が冷えきってるのでご注意を。
ウィンドブレーカーなどを小まめに使いましょう。

ではでは私のイタイ履歴書・其の伍スタート~

大学時代
高校卒業後はすぐに治療家の道に進みたかった私。
しかし紹介されて色々話してくださった方の言葉に納得して大学へ行くことにしました。「医療の道は結局、人と人の間で行われることだ。もし可能であるなら全く違う勉強をし、寄り道をした方が将来的にはプラスになるよ。」

話してくださったのはこんな内容でした。高校3年間はクラブ活動のみでしたので、じゃあ、社会勉強をさせてもらおう!!という大義名分をいただきました。

それはもう一生懸命バイトしましたねー。当時給料の高かったホテルでの配膳人です。その時の仲間は今も交流が続く大切な方たちです。みんなで沢山遊びにもいきました。スキー・サーフィン・キャンプ・たまに野球など外遊びが多かったですね。稼ぎは全部使っちゃいました。

その当時の怪我は古傷になってた左足首ねん挫がちょくちょく再発。サーフィン中に水面で打ち付けまたもや右耳鼓膜裂傷。あとはスポーツ中の打ち身やスリ傷程度でした。

交通事故
この時期最大の怪我はこれ。自損事故でした。
クラウン ベンコラ

居眠り運転で電柱に正面から激突。電柱にぶつかった衝撃で目覚めたのでノーブレーキです。スピードは出てませんでしたが衝撃はかなりのものでした。当然愛車は廃車。

シートベルトもしてませんでしたのでハンドルで胸を強打。そのハンドルは曲がって少し上を向いてたそうです。とにかく息が出来ない。吸い込もうにも吸い込めなくて窒息するのかと思いました。

そして頭でフロントガラスを粉砕。血の海です。髪の生え際をザックリ切ったので血が噴き出してました。頭って結構血が出るんですよね。実際ピューーって感じでクジラみたいに放物線を描いてました。
kujira

11月の早朝です。寒くて仕方がなかったのですが頭から流れる血液が温かいシャワーを浴びてるようで何か気持ちいいなーって感じてたのを覚えています。

携帯もない時代ですから通りがかりの人が救急車を呼んでくれて無事搬送。頭の皮の下に入ったガラス片を取り出して縫合してもらいました。何針縫われたかはわかりません。それ以降10数年は酒を飲むと額の中央にナイキのマークが浮き上がるようになりました。
スウッシュ
しばらく入院はしましたが脳異常なし。肋骨は折れたと思ったんですけど、どこも骨折なし。三日後からは痛いのは額の傷だけでした。丈夫な体に産んでくれた親に感謝した瞬間です。23歳の冬でした。これからこの交通事故の後遺症に悩まされる日々が続きます。

次で終われるかな。
ではまたここで。
伝説

The following two tabs change content below.
sainoworks

sainoworks

いんちょーSAINOWORKS
5才の頃から何かの「職人さん」になろうと思っていた私は、高校生の時のギックリ腰治療で受けた施術に感動し、治療家になりました。 自分がやらかしてきた数々のケガをクリアしていく過程で学んだこと。それは「痛みの出ている場所にだけ注目するのではなく、身体全体のバランスを整えることの大切さや、身体が持つ自然の摂理にのっとった動き方」などです。 試行錯誤しながら修業時代も含め17万人以上の方を診てきて、今ではハッキリ言う事ができます。「痛みはチャンス」です。今までやってきたことを見直す最良の機会です。私は「痛みの出る前より動ける体作り」をお手伝いしています。ブログを通じて誰かのお役に立てたら嬉しいです。

 - いんちょうのこと

お役に立てたらシェアしていただけると嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加 2follow us in feedlyLINEで送る
SNSのフォローはこちら!

  関連記事