*

【「○○が好き」が最強説】はある!

   

さいの整骨院・いんちょーこと齋野です。
突然ですがTBS水曜日22時放送の「水曜日のダウンタウン」という番組を好きでよく見ています。
ダウンロード (1)芸能人の方々が自分の(と言う前提で)提唱する色々な「説」をパネラーの前でプレゼンした後、その「説」を検証した様子をVTRで紹介しみんなでトークするって内容です。


なるほどと思わせる「説」から、なんじゃそりゃ!って「説」まで無茶苦茶なとこありますけど面白いので興味ある方は是非。
ダウンロードそのプレゼンをする前に出てくる「説」の紹介画面がこんな感じなんです。この画面が何故か好きで、見てるとワクワクしてしまう私ですが、なんとこれと同じものを作れるアプリを発見してしまいました!何でも作るんだなー(笑)


そこで今日は前から書きたかった内容のタイトルをこのアプリで作ってみました。

それがこれ!



番組とは一切関係ありません! フォントが違うのが残念ですが・・

番組とは一切関係ありません!
フォントが違うのが残念ですが・・

ブログの内容はいたって真剣なのでよろしくお願いします(笑)



では、気を取り直して。
僕が前職場にいる時から診させていただいてる現在60代の野球をこよなく愛する男性の話です。もうかれこれ20年のお付き合いかもしれません。前職場では飲みに連れて行ってもらったりもしましたねー。

そんなAさんが数年間当院に来られていなかった時期がありました。でもまた来ていただいていて、最近お聞きしたその数年間のお話です。



この方をAさんとさせていただきます。Aさんは成年軟式野球の国体代表になるような方で、仕事もプライベートも充実されてました。休日のほとんどは野球されてたんじゃないだろうか?国体の宿舎まで訪ねていったことも今ではいい思い出です。



メチャクチャ元気だったこの方も、風のうわさにはお聞きしてましたが、来られてない時期の50代後半で大病を患っておられたそうです。幸い数回の大手術の結果命はとりとめ、医師から野球は止めるように当時言われたそうです。



ただ、ここからがAさんが普通じゃないところ。体力に自信のあったこの方はで自己責任で練習を始めました。最初は素振りしてもバットに振り回される、投げても球は全く届かない。走りたくてもふらふらで走れなかったそうです。

普通なら体調面・体力面がガタガタの状態では気力も出にくく、以前の元気な時とのギャップからも塞ぎ込んでしまってもおかしくない状況です。しかしこの方はあきらめず、ゲーゲー吐きながらランニングし、ヒョロヒョロな素振りを繰り返したそうです。それをどのくらい続けたか?



その期間・・・なんと3年!!
周りから何を言われても3年もの間、毎日少しづつ1人で練習を重ねていかれたようです。



その甲斐あって今ではマスターズ野球で活躍し、今年は日の丸背負って外国チームと戦うことになってるそうです(笑)今は当時よりずいぶんスリムになられましたがメチャクチャいい笑顔で野球のことなど色々お話してくださいます。ホンマに格好いいっす




「先が見えてた訳でもない、周りからは止められる、体は自由に動かない」中で3年間も練習を続けれた動機を純粋に知りたくて聞いてみました。「何でそんなに頑張れたんですか?」って。そしたらその方の答えは一言「野球したかってん」でした(笑)。実にシンプル!それにつきますね。やっぱり格好イイーーー!!



やりたくてやってることには自然と責任も生まれるし、工夫も生まれてくる。だからこその復帰だったり、上達なんでしょうねえ。一流アスリートの不調からの復帰してきた時に聞くフレーズにあるじゃないですか「やっぱり私はこの競技が好きだったんだなって改めて思いました!」って。



いくつになっても出来ることは、出来る!やっぱり「○○が好き」が最強説は存在しますね!と言うことでした。Aさんこれからもご活躍をサポートさせてください!とAさんの生き様に感化されてるいんちょーより心を込めてメッセージを送ったところで終わります。



ではまたここで。
さいの整骨院HP

The following two tabs change content below.
sainoworks

sainoworks

いんちょーSAINOWORKS
5才の頃から何かの「職人さん」になろうと思っていた私は、高校生の時のギックリ腰治療で受けた施術に感動し、治療家になりました。 自分がやらかしてきた数々のケガをクリアしていく過程で学んだこと。それは「痛みの出ている場所にだけ注目するのではなく、身体全体のバランスを整えることの大切さや、身体が持つ自然の摂理にのっとった動き方」などです。 試行錯誤しながら修業時代も含め17万人以上の方を診てきて、今ではハッキリ言う事ができます。「痛みはチャンス」です。今までやってきたことを見直す最良の機会です。私は「痛みの出る前より動ける体作り」をお手伝いしています。ブログを通じて誰かのお役に立てたら嬉しいです。

 - スポーツ上達のコツ

お役に立てたらシェアしていただけると嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加 2follow us in feedlyLINEで送る
SNSのフォローはこちら!

  関連記事