*

お陰様で15周年。変わらぬことと変わったこと

   

記念日など大事なことをうっかりすることが人より多めの、いんちょーこと齋野です。



少し前にSNS上で「○○周年ありがとう!」って内容の投稿がありました。ただ「人によって○○周年のとらえ方が違うんだよねー」って投稿されてた方が言ってたのでちょっと調べてみたのです。



色々調べてみますと「ある年数から数えて、過ぎた年数を数えます。まる1年を「1周年」(いわゆる「満」の年数)。また1年に満たない場合を「1年目」(いわゆる「かぞえ」の年数)といいます」とありました。



でも実際はそのイベントの主催者側で考え方がポイントのようです。正しくは「満」で数えることだけど、「かぞえ」であっても誤りとは言えないようです。まぁ、ご本人が年数をしっかり把握してればどっちでもオッケーってことがテキトーでいい感じです(笑)



ということを調べていて、さいの整骨院が実は先週月曜日に15周年だったことを思い出した次第でございます。なんか、すみません。



いつの間にやら15年が経っており、今年も開院した日のことは昨日のことのように感じています。開院当初から今も変わらず思うことは「人の役に立てる施術家で在る」ということで、これだけは何も変わらず自分の中に居続けています。そんな施術家で在りたいと思うからこそ、一方で柔軟に変わり続けていく必要性もひしひしと感じています。そうやって試行錯誤していくと、年月を重ねるごとに物の見方も変わっていくのと同時に、15年間に具体的に変わっていたところも色々ありました。



開院当初の内装は完全に和風で、僕の中のテーマは「田舎のおばあちゃんの家に帰った時の安らぎ感」でした。一部にあつらえてもらった畳なんか敷いたりして凄い気にいってたのですが、仕事に対する考え方や働き方などが変わるにつれ、思い切って内装を変えました。開業8年目の時です。しかし写真を撮ってなかった(涙)唯一あるのが改装工事前日のこれだけ。
前院内当時使ってた初代ロゴがコレ。

外にデカい鉄の看板置いてました

外にデカい鉄の看板置いてました

その後の内装は今と同じですが、途中から待合にデカい本棚も増えました。

改装直後

改装直後

ロゴは今の緑のサイになりました。
新ロゴ変化は内装やロゴだけではなく、いんちょーの髪型にも現れていました。開院当初は坊主。基本自分でバリカンで刈っていて、剃ってたこともありました。

人相もやや悪い?

人相もやや悪い?

当時使っていた似顔絵

当時使っていた似顔絵

ずーっと坊主でいくと思っていました。しかし内装変えるなど心境の変化がおこってたところに、テレビで久しぶりに見た久保田利伸の髪型に衝撃を受けてしまった。「アフロかっこいい♡」ということでその日からセルフ散髪をやめて、アフロ計画を遂行しました。

待ち切れずに中途半端な長さできつめのパーマ当ててもらうも大阪のおばちゃんみたいに

待ち切れずに中途半端な長さできつめのパーマ当ててもらうも大阪のおばちゃんみたいに

ロン毛陶芸家

インチキ陶芸家となって、いよいよパーマです。伸ばし始めてここまで1年8か月ほどです。

完成!

完成!

これで友人代表として乾杯の大役もさせて頂きました!
乾杯アフロしかし夏場の頭の暑さに耐えかねて、一年ほどのアフロ生活を終わりにしました。だってダウンジャケットかぶってるみたいな暑さだったんだもの。
12周年その後ブログのトップページにある頭に散髪して
今今は「サイの角ヘアー」で落ち着いております。



なんだかくだらない流れになってきましたが、2年前から思案の末に自費診療に切り替えたにもかかわらず引き続き来てくださる方々には感謝しかありません。これからもシッカリ前を向いて色んな事にチャレンジしていこうと思っています。


では、またここで。

The following two tabs change content below.
sainoworks

sainoworks

いんちょーSAINOWORKS
5才の頃から何かの「職人さん」になろうと思っていた私は、高校生の時のギックリ腰治療で受けた施術に感動し、治療家になりました。 自分がやらかしてきた数々のケガをクリアしていく過程で学んだこと。それは「痛みの出ている場所にだけ注目するのではなく、身体全体のバランスを整えることの大切さや、身体が持つ自然の摂理にのっとった動き方」などです。 試行錯誤しながら修業時代も含め17万人以上の方を診てきて、今ではハッキリ言う事ができます。「痛みはチャンス」です。今までやってきたことを見直す最良の機会です。私は「痛みの出る前より動ける体作り」をお手伝いしています。ブログを通じて誰かのお役に立てたら嬉しいです。

 - さいの整骨院のこと

お役に立てたらシェアしていただけると嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加 2follow us in feedlyLINEで送る
SNSのフォローはこちら!

  関連記事