*

健康のために○○やってます!について思うこと

      2014/09/26

二年前に体調が悪くなり、その時健康の大切さは改めて実感しました。それからは一応自分なりに気を付けているのでお陰様で快調です。健康のこと考えたのでそのことを今日は書きます。



私の気に入っている言葉にこんなのがあります。



人生にとって健康は目的ではない。しかし、最初の条件なのである』
~武者小路実篤~ 




いい言い回しだなーと思うんです。



自分のやりたいこと、成し遂げたいこと・・・これらを満足いくまで行うには健康な身体が不可欠です。寝込んでいては行動すらできませんもんね。



だから充実した人生を送るための、優先順位の高い重要な要素だということです。



でもいつの間にかすり変わっちゃってる場合がある。人生の目的ではないはずの「健康」を得たり、維持したりすることが生きる目的のようになっている。健康のために生活のすべてをそこに注いでしまってるような状態。結構多いんじゃないでしょうか?


健康のために食べ物は○○産の無農薬で・・・すべてマクロビオティックに基づいてやってる・・・健康のために○○健康法をやってます・・・健康のために毎日○○歩必ず歩いてます・・・
あるく


こういうのを実践されて、継続されてる方はホントすごいと思います。そして○○健康法やマクロビオティックなどが悪いといってるんじゃありません。



そういうことをして元気になった身体を使って何をしたいのか、何を楽しむのかが見失われていることが少し違うんじゃないかなと思う点です。



健康のために生活のすべてを注いでおられる方とお話してると、ご自身で決めたルールや、○○健康法のルールなどに縛られてあまり楽しそうじゃない方がおられます。どこか窮屈そう。そのことそのものがストレスの元です。


一生懸命取り組んでいることと、心がうまく一致してません。ただただ知識だけが先行したような行動になってる状態ではないでしょうか。


これではいくら健康のため!と頑張っても本人の期待するような結果はついてきません。


歩くのめっちゃ気持ちいいー!、この調理法で作った料理は最高においしいから好き!みたいな心の部分も一緒についてきての行動ならどんどん元気になって健康になっていきそうですけどね。



健康のためという発想だけではなく、元気になって何をしようか?大好きな○○をずっと楽しみたいから毎日歩こう!のような自分のやりたいことを見ながら楽しむ事がカギになるようです。



きっかけは健康になるために始めたことでも続けていくうちに、それをするのが楽しくなるまたは、楽しくなる工夫をするで、楽しいから続けるだから心身ともに健康になる。



こんな感じではないでしょうか。



健康な身体を維持するということは、自分の人生を満喫するための日々の準備ということなんかな


元気になるように『気』を送っておきますねー
ほぉぁぁぁぁぁぁぁーーー

ほぉぁぁぁぁぁぁぁーーー



では、またここで。
伝説
The following two tabs change content below.
sainoworks

sainoworks

いんちょーSAINOWORKS
5才の頃から何かの「職人さん」になろうと思っていた私は、高校生の時のギックリ腰治療で受けた施術に感動し、治療家になりました。 自分がやらかしてきた数々のケガをクリアしていく過程で学んだこと。それは「痛みの出ている場所にだけ注目するのではなく、身体全体のバランスを整えることの大切さや、身体が持つ自然の摂理にのっとった動き方」などです。 試行錯誤しながら修業時代も含め17万人以上の方を診てきて、今ではハッキリ言う事ができます。「痛みはチャンス」です。今までやってきたことを見直す最良の機会です。私は「痛みの出る前より動ける体作り」をお手伝いしています。ブログを通じて誰かのお役に立てたら嬉しいです。

 - 心の姿勢, 身体のこと

お役に立てたらシェアしていただけると嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加
Warning: file_get_contents(http://cloud.feedly.com/v3/feeds/feed%2Fhttp%3A%2F%2Fsainoworks.net%2Ffeed) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 520 Origin Error in /home/sainoworks/sainoworks.net/public_html/wp-content/themes/stinger5_child/sns.php on line 8
follow us in feedlyLINEで送る
SNSのフォローはこちら!

  関連記事