*

こんな時にも急な痛みが出ます。でもご安心を!

      2014/07/28

今日の午前はキネティックフォーラム兵庫支部主催の講習会でした。その中で感じたことを書きます。

場所はいつものココ、兵庫県立総合体育館です。本日の会場は格技室A、早い話が柔道場を借りました。エクササイズで少々ドタバタやっても大丈夫。
太一
時間で区切り、決められたテーマに沿って手技を行なっていきます。写真は足から胴体へ力を伝え、軸を通しているところ。これだけで上半身まで弛めることができます。

この勉強会では師匠が直接触れて指導してくださる機会が多いのがスペシャルなところ。今日もたっぷり堪能させていただきました。自分が治療をしていただいてるようなもんです。

私、最近左ひざを痛めています。この痛みに対しての師匠のアプローチがとても勉強になりました。

あることをしていく中で出てきた左膝の痛み。でも自分として、この膝が痛くなった事はいい傾向なのです(笑)

なぜ、痛くなったことがイイことなのか?
別に私は痛いことが大好きという特殊な趣味はございません。では何か?

私は自分の身体を整えるエクササイズを毎日やっています。身体が整うことで、施術において出来ることが増えるからです。

今まで出来なかった身体の使い方へ、身体が変化していく途中で矛盾が生じることがあります。

それは古傷であったり、自分の思い込みが作り出したものであったりと矛盾が生じる理由は様々です。その時に矛盾を抱えた場所に痛みが出ることがあるのです。

私自身の今回の痛みも、最近積極的に取り組んでいる股関節周りのエクササイズをやり始めてから出てきました。ピーク時はかなり腫れて水が溜まりました(笑)もう大分軽くなりましたけどね。おそらく古傷が起因しているのでしょう。

古傷をかばう動き方がクセづいていた事が、正しい動き方に変わっていく途中で、古傷部分が、今までと違う動きに対応できなくて矛盾が生じている。これが私の自己評価です。

不思議なことに痛いんですけど、施術はしやすくなっているんです。それでも方向性を間違えず、吟味しながら進めていって、身体が整い、矛盾が解消すればキレイさっぱり急に痛みは解消されます。

今までもこの手の痛みは経験したことがありますが、これが解消するとさらに身体は動きやすくなります。それが今から楽しみです。

「調子はいいのに、急に痛みが出てきた。痛いけど練習は、出来て且つ動ける。」こんなことを感じてるアスリートの方。身体が次のステップアップをしようとしてるかもです。

ご自身の身体を日々吟味してればこんな痛みなんて恐るるに足らずです。有意義なトレーニングを積んでくださいね!

ではそんな痛みも早く取れるように「気」を送りますね。

夏休み親子バージョン! ほぉぁぁぁぁぁぁぁーーーー

夏休み親子バージョン!
ほぉぁぁぁぁぁぁぁーーーー


では、またここで。
伝説

The following two tabs change content below.
sainoworks

sainoworks

いんちょーSAINOWORKS
5才の頃から何かの「職人さん」になろうと思っていた私は、高校生の時のギックリ腰治療で受けた施術に感動し、治療家になりました。 自分がやらかしてきた数々のケガをクリアしていく過程で学んだこと。それは「痛みの出ている場所にだけ注目するのではなく、身体全体のバランスを整えることの大切さや、身体が持つ自然の摂理にのっとった動き方」などです。 試行錯誤しながら修業時代も含め17万人以上の方を診てきて、今ではハッキリ言う事ができます。「痛みはチャンス」です。今までやってきたことを見直す最良の機会です。私は「痛みの出る前より動ける体作り」をお手伝いしています。ブログを通じて誰かのお役に立てたら嬉しいです。

 - スポーツ上達のコツ, 怪我を早く治すコツ, 講習会

お役に立てたらシェアしていただけると嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加 2follow us in feedlyLINEで送る
SNSのフォローはこちら!

  関連記事