*

『負けたら終わりじゃなくて 辞めたら終わりなんだよね』

      2018/08/06

先週7月29日㈰娘がお世話になっている西山紀代美バトンスクールさんの発表会を東リいたみホールへ観に行ってきました。兵庫県尼崎市武庫之荘さいの整骨院いんちょーです。 DSC_0643 西山紀代美バトンスクールさんは当院のお隣さんです。そんなご縁もあって開業以来西山先生には仲良くしていただいてます。 DSC_0644 1992年に設立されたこのスクールは2003年に第一回目の発表会をされ、それ以来3年ごとに開催され今回で6回目を迎えました。うちの娘(当時3歳?)は6年前の第4回を観に行き魅せられたようで、すぐに入会させていただき第5回、6回と参加させていただいてます。



家に帰って過去のパンフレットを見ると最初から揃っていて、一回目が当院の開業年だったこともありなんだか感慨深いものがありました。パンフレットに載っている参加生徒さんの顔ぶれが懐かしかったり、今の主力選手達の小さかったころが見れたりと歴史を感じさせます。 DSC_0653 発表会はいつも趣向を凝らされていて、華やかで楽しい雰囲気の中に、見ごたえのある高度な技もたっぷりあり、観客を飽きさせない内容です。孫の応援もかねて、ここ数回観に来ている僕の親父も「ひゃーひゃー」言って楽しんでおりました。



前回はまだ技に安定感の無かった生徒さん達が、今回は全く不安要素も見られず、堂々と演技されてたところが今回の僕のツボを突き、胸やら目頭やらを熱くさせられました。またもや勝手に親戚のオッサン状態です。



今回は演技の合間にスライドショーが行われました。テーマは「Continue・コンティニュー・続ける」。バックに流れていたのは歌手?ラッパー?シーモさんの「Continue」という歌。その歌詞の一部を取り上げていたのが何とも印象的だったので紹介します。

『負けたら終わりじゃなくて
  辞めたら終わりなんだよね』

当たり前ですけど改めてそう思います。上手くいかないことがあってもそれで終わりじゃない。上手くいかなかった自分と向き合って、じゃあ、そこからどうするか。それの繰り返しが続けるってことなのかなーと。これは大人子供関係なくどの世界でも共通ですね。



前回よりも安定感を出してた選手たちはこういうことを乗り越えて続けてきた結果なんでしょうね。この子たちはこの先どこ行っても大丈夫なんだろうなと思うのでした。



指導されてる西山先生・なっちゃん先生。そしてずっと送り迎えや練習に付き合い、発表会当日も朝から裏方に徹してたお母さん方。本当にお疲れさまでした。



感動的で楽しい時間をありがとうございました。

では、またここで。

The following two tabs change content below.
sainoworks

sainoworks

いんちょーSAINOWORKS
5才の頃から何かの「職人さん」になろうと思っていた私は、高校生の時のギックリ腰治療で受けた施術に感動し、治療家になりました。 自分がやらかしてきた数々のケガをクリアしていく過程で学んだこと。それは「痛みの出ている場所にだけ注目するのではなく、身体全体のバランスを整えることの大切さや、身体が持つ自然の摂理にのっとった動き方」などです。 試行錯誤しながら修業時代も含め17万人以上の方を診てきて、今ではハッキリ言う事ができます。「痛みはチャンス」です。今までやってきたことを見直す最良の機会です。私は「痛みの出る前より動ける体作り」をお手伝いしています。ブログを通じて誰かのお役に立てたら嬉しいです。

 - いんちょーの休日

お役に立てたらシェアしていただけると嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加
Warning: file_get_contents(http://cloud.feedly.com/v3/feeds/feed%2Fhttp%3A%2F%2Fsainoworks.net%2Ffeed) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 429 Too Many Requests in /home/sainoworks/sainoworks.net/public_html/wp-content/themes/stinger5_child/sns.php on line 8
follow us in feedlyLINEで送る
SNSのフォローはこちら!

  関連記事